自己処理のポイントは?

エピレではワキ脱毛に関してもお手入れ前日まで自己処理を行うことを約束としています。

処理を忘れた場合には、予約時間にお手入れができない場合もありますので必ずわきの下のムダ毛処理を行いましょう。

お手入れ後、2か月間の間隔をあけて次の予約日を迎えるまで、途中で何度か自己処理を行う必要があります。肌を傷つけたりしないために、レディスシェーバー等を使ってお手入れをするとよいでしょう。

替刃カミソリを使う場合は、1ヶ月に1度新しいものに交換し、湿気からサビを呼びやすいので浴室で保管をしないように気をつけましょう。

なかなか毛が抜け落ちない

光脱毛を定期的に行っているのになかなか抜け落ちない毛があると悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。これはワキの下の肌質に問題があるのかもしれません。

肌の保湿を行い皮膚を柔らかくする、角質を除去することで光が毛根に届きやすくなり、毛が抜け落ちていきます。毎日身体を洗う時は弱アルカリ性の石鹸を使って角質や皮脂を洗い流し、お風呂上りにはボディミルク等を使って肌の保湿を行ってください。

剃り残しはシェーバーで剃ってもらおう

ワキ脱毛を行う際、剃り残しがでてしまうこともあるようです。そんな時はシェーバーを持参することでエステティシャンに剃ってもらうこともできるようです。

お手入れ予約日には、電動の顔剃り用のシェーバーを用意しておく事をおすすめします。お店によって対応が異なるので、事前に「剃り残しや手が届かない部位の自己処理」について質問をされるとよいでしょう。



エピレ